【手足口病】大人へも感染する?症状と治療法について

健康
Pocket

先日、手足口病の感染患者数が1週間で3万2000人に達し今シーズンで最多となった、という報道がありました。

手足口病ときくと、小さい子供の病気だというイメージだったのですが、大人も感染するという話をきき、であれば全年齢気をつけないといけないのでは?と、心配になったため、今回は手足口病について調べてみました。

手足口病とは

手足口病とは、「エンテロウィルス」というものが原因の”急性感染症”という位置づけとのことです。

イメージ的は子供が感染する病気と思いがいちですが、実際、通常は夏場に小さな子供を中心に流行する病気で、感染患者の9割くらいは5歳以下の乳幼児でさらにその大半が2歳以下の子供とのことです。

しかし実は大人も感染するため、幼児期を過ぎれば大丈夫、というわけでもなさそうです。

<症状>

口の中の粘膜、そして手足などに2~3mmの水疱性の発疹が現れるというのが主な症状となります。

そのため、病院にかかった場合、大体見た目の症状で判別できるようです。


手足口病による水疱発症(例)
出典:国立感染症研究所

ただしその診断確定については、水疱や喉、または便などからウィルスの検出を必要とすることもあるようです。

また、症状の一つとして、発熱を伴うようですが、38度以下程度となることがほとんどのようです。

手足口病の感染で一番怖いのが、まれに発症するといわれる「髄膜炎」や「小脳失調症」「脳炎」などの中枢神経系に対する合併症です!

場合によっては死亡するケースもあるとのことで、重症化すると言う場合はほとんどがこの合併症によるものだそうです。

<治療法>

実は確固とした治療法はありません。

抗生剤は意味がないようで、症状に沿った対処療法が主となるようです。
たとえば、水疱や発疹がかゆくなる場合(かゆみが出ることは稀れらしいですが)は抗ヒスタミン剤を含む軟膏を塗る、などです。

ちなみに、重症患者が多く出ている台湾や中国ではワクチンの開発が進められているそうですが、、、「…え?欧米や日本は何もしてないの??」と、これまた気になったので調べてみたのですが、武田薬品が「日本ワクチン事業部」というのを今年2015年3月に発足したとのことで、研究対象に手足口病も含まれているそうです。

日本で是非開発を!と思いますので、頑張ってほしいですね!!

<感染経路>

感染経路は、飛沫感染(感謝からの唾液や鼻水など)などがあるようですが、一番多いのが、乳幼児のおむつ交換などの際に手についた便からの感染だそうです!

小さい子供の世話をする親御さんだと、日々の忙しさでうっかり手荒い不十分となって、結局親も感染してしまう、というパターンが多いそうです。

ちなみに、手足口病は学校で予防するべき病気として含まれていないため、基本的に登校・登園停止などは行っていないようです(学校にもよるかもしれませんが)。

理由は、「長期間、便にウィルスが残るため、発症時期のみの登校制限や、余りにも長期にわたる登校制限は現実的ではない」というのが理由で、欠席する場合は感染者個人の症状によるとのことです。

大人が感染すると?

実は、大人が感染した場合のほうが重症化するそうで、注意が必要です!
大人の場合は、発熱が40度近い高熱になることが多いようで、水疱もたくさん出来るため、場合によってはそれが原因で爪がはがれてしまうこともあるようです(衝撃的)!

そういえば、おたふく風邪や麻疹も大人が感染すると重症化するといわれてますよね。

子供の病気が大人に感染 → 危ない、って覚えていたほうが良さそうです。。。

予防法はあるの?

前述のとおり、有効な治療薬もなければ予防接種などもないため、結局のところ手洗いとうがいが一番の対策だとのことです。

とくに、感染した人の便には長期間ウィルスが残存してようで、トイレ後の手洗いは徹底させるべきですね!

おわりに

手足口病は、ちょくちょく耳にするのですがこれといって詳しく調べたことがなかったのですが、やはり感染症はどれをとっても侮ってはいけないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました